男の離婚準備

【男性が考えておきたい離婚準備】慰謝料請求の時効ってあるの?

通常は時効がないと定められているもの以外は、どんな事象にもあると考えた方がよく、また間違うことを防ぐ意味でも有効であると考えることが出来ます。
そのため、慰謝料請求にも当然のことながら時効は存在するといっても、決して誤りではありません。

 

しかし、その時効に対する考え方は法律の微妙な解釈によるところが大きいので、一般的には事情によって違ってくると考える方が間違いではありません。
ですから、そういったことを考えて不安になるよりは、まず夫婦である男女のどちらかが離婚準備に入った時点で、
弁護士などの法律の専門家に相談することのほうが重要であるといえます。

 

要するに、離婚準備に入った夫婦である男女が一番に何を求めているのかが、この場合最重要課題といえるからです。
もしかすると、離婚準備に入っても本当は相手との関係修復を望んでいるのかもしれません。

 

また、一方に慰謝料請求をする権利があると考えられていたところが、もう一方からも相手が有責行為をしたと証明される場合もあるかもしれません。
ですから、そういったことをはっきりさせるために、本人同士だけの話し合いでは難しいのであれば、
調停などの専門機関に因る介在も必要となってくる場合があるのです。

 

婚姻関係に至る前までの男女二人の別れ話でも、お金などの問題が絡み合って複雑になる場合が多いのですから、
離婚準備であるならばそれ以上に単純な話で済むことは、少ないと考える方が間違いありません。